金沢時間

見慣れた街も、着物で歩けば新発見

普段歩いている街並みも、着物で歩くと一味違って見えることがあります。今回は、着物で巡った金沢の定番スポットと、そこでの発見をご紹介します。

1.東茶屋街でアイドル気分が味わえる?

言わずと知れた金沢の有名スポット。着物で歩くのにぴったりの、風情溢れる茶屋街です。%e3%81%b2%e3%81%8c%e3%81%97%e8%8c%b6%e5%b1%8b%e8%a1%97まるでタイムスリップしたかのような古い町並み。もちろん着物で歩くだけで高揚感が得られて楽しいのですが、歩いている傍から「ワオ、写真とっていい?」と外国人から次々声がかかり、アイドル気分を味わえるのも着物ならでは。「どこから来たの?」「ドイツだよ」ちょっとした会話も弾み、楽しいひとときが過ごせます。 

2.21世紀美術館

21th21世紀美術館でのフォトスポットといえば、加賀友禅をモチーフにした色鮮やかな壁とロッキングチェアが人気ですが、建物外のアート作品も着物だと一味違う写真が撮れます。私のお気に入りは「カラー・アクティヴィティ・ハウス」という作品。ガラスに反射して、着物の雰囲気が変化するのが面白いですよ。 

3.長町の石畳で楽しむカランコロン

ishidatami香林坊から少し歩くと、繁華街から一転、昔の街並みが突如現れます。普段ヒールだと歩きづらい石畳も、下駄となら相性抜群。カランコロンと心地よい音が楽しめます。また、長町最大の見所は野村家の武家屋敷跡。

nomura池に移りこんだ緑の木々が美しく、しばらく時を忘れて見入ってしまいました。2階には茶室が用意され、お抹茶を飲みながら庭園を眺めることも可能です。

さて、一休みしたくなったら、休憩スポットに立ち寄りましょう。長町武家屋敷休憩館という観光案内を兼ねた休憩所には、「まいどさん」というボランティアさんがいます。私たちが訪れた時は、まいどさんのほうから声をかけてくれました。「あなたたちみたいな着物を着た女性がいると町が明るくなるわ。」嬉しいお言葉です。その後まいどさんから、石川と金沢の違いや金沢の歴史を教えてもらいました。金沢の歴史に触れ、地元の方との会話を楽しめる。観光客に大人気なのも納得の、充実したひとときでした。

着物は1日レンタル+ヘアセットで6,500円。少し高いけれど、思い出作りには最適です。遠方からお友達が訪ねてきた時にでもぜひ試してください!

kimono

今回私がレンタルしたお店はこちら。

心結

920-0862 石川県金沢市芳斉2丁目5番18号

http://kokoyui.com/

 

ライター

yuri
福岡県出身、金沢市在住。コンタクトレンズに異様な関心を示し、1デイ、カラコンなど10種類以上使用するため、ついに眼科から新商品のお知らせを受けるようになった。使いきれずに期限切れとなってしまうのが悩みだがいまだ解決策なし。
県外出身者からみた金沢の魅力をご紹介します!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)