【T-KIDS シェアスクール 金沢ビーンズ】次代を担う全ての子供たちに体験してほしい新しい学びの形

グローバル化や情報化が進展する現代は、将来の変化を予測することが困難な時代とも言われています。そんな時代を生き、将来の担い手となる子供たちには、これまで以上に「自分で未来を切り拓いていく力」が求められます。

そんな力を子供達に身につけさせるための「新しい学びの場」が、金沢ビーンズに誕生しました。

それが「T-KIDS シェアスクール 金沢ビーンズ」

従来のような「教わる→勉強する」ではなく、「やってみたい」「知りたい」といった興味・関心を源泉としてワクワクしたこと・大好きなことを究めて、それを学びへつなげていく」、そんな「21世紀型能力」を開発する場となっています。

子供達の興味は千差万別。

そのため「T-KIDS シェアスクール 金沢ビーンズ」で用意されているプログラムも多彩です。

「英語でそろばん」English Abacus Lab


なんと英語でそろばんを学習するという講座。そろばんを基礎から英語で教えることで、複数の情報を処理するための「地頭力」を鍛える効果も期待できるそうです。

ふれて!あそんで!まなべる! プログラミングクラブ


大学の先生や学生と一緒に「ロボットと友達になるために」という設定で、「プログラミングする」という事を意識する事なく、ふれて、あそんで楽しむことで自然とテクノロジーに馴染んでいくプログラムロボットアームや3Dプリンタ、たこ焼き型ロボット「オゾネット」なとを用い、他ではできない多様なプログラミング要素を取り入れています。

21世紀型空手教室 勇輝道場


スペインに本部を置く空手教室で、武道を通して他者を尊重し、問題解決能力を養うプログラムです。神経が最も発達する幼少期から少年期の運動に空手は最も適しているそうです。

「麻布メソッド」で学ぶ 英語で理科・算数 マリースクール


理科・算数を通して英語を学ぶ「麻布メソッド」。日本語を一切介さず理科の実験や算数の学習をしながら、自然と英語に親しんでいきます。例えば理科であれば実験に使う道具の名前を覚え、仮説を立て、実験し、英語を書き、話す、All English クラスとなっています。

冒険型教室 タンキュークエスト


恐竜、宇宙に歴史、芸術、人など様々なテーマについて科目横断型で探究学習を進めるプログラム。ボードゲームの教材を使い、毎月異なるテーマをキャラクター化したオリジナルのボードゲーム教材を使い、チームを組んでミッションに挑み、遊びながら自然と知識を身につけることができます。

アウトプット型探求クラス a.schoolおしごと算数


暮らしや仕事で使われている算数を発見し、実践力を磨くカリキュラム。「コンビニ店長」になって計算力を磨いたり、「投資家・ギャンブラー」になって確率的思考を身につけたり、将来仕事の支えになる「算数の目」「算数の頭」を鍛えるプログラムとなっています。

どのプログラムもこれまでになかった新しい形の学びとなっており、21世紀型能力の養成が期待できそうです。

子供のこの真剣な表情が、「T-KIDS シェアスクール」が提供するプログラムの魅力を端的に物語っているように思います。

「嫌いなこと」を克服するのではなく、「自分が好きなこと」から始める。

だからこそ、子供達の眼差しも真剣ですし、前向きな姿勢が大変印象的です。

県内初となる「21世紀型能力」を開発する新たな学びの場として注目を集めそうです。

T-KIDS シェアスクール 金沢ビーンズ クラス一覧並びに開校曜日


T-KIDS シェアスクール 金沢ビーンズ 店舗概要


住所/ 石川県金沢市鞍月5丁目158 金沢ビーンズ(3Fイベントルーム)
予約サイト/ https://tkids.tsite.jp/kanazawa/

コメント

この記事へのコメントはありません。