「Ten riverside(テン リバーサイド)」金沢市金石にオシャレな川沿いのカフェが登場!金棒茶を楽しもう。

金沢市の金石エリアといえば、おにぎりとお味噌汁の「そらみそ」や、「カフェ ド レヴェリー」など魅力的なお店がありますが、また新たな魅力を持つお店が登場しました!

本日は川沿いのオシャレなカフェ「Ten riverside(テン リバーサイド)」をピックアップします。

川沿いのインパクトあるデザインの建物

こちらがご紹介する「Ten riverside(テン リバーサイド)」

2/22にオープンしました。

場所は、「そらみそ」などもある「コッコレかないわ」からも近い、金沢市金石西。

川沿いの三角屋根でインパクトあるデザインの建物です。

入り口も、中はどうなってるんだろう?とワクワクさせてくれるような佇まい。

古い倉庫をリノベーションしていて、建物のデザインは、金沢工業大学の建築科が手掛けたのだそうです。

建物に入ると、中庭の植物たちが出迎えてくれます。

屋根には天窓があり、光が差し込んで、時間や季節ごとにさまざまな表情を見せてくれる、雰囲気のある空間になっています。

店内は、外観とは対照的なモダンな雰囲気です。

先にカウンターでオーダーを済ませるスタイル。

大きな窓からは、きらきら輝く川の水面が見えます。

それが天井にもゆらゆらと映り込んで、すごく癒されるような居心地のいい空間になっていますよー。

金石に伝わる「金棒茶」を使ったドリンクが充実

こちらのメインメニューは「金棒茶(かなぼうちゃ)」という、金石地区に古くから伝わるお茶を使ったドリンクメニュー。

シンプルに金棒茶の味わいを楽しめるホット・アイスの他、金棒茶ラテやティーソーダ、バナナシェイクなどもあります!

また、「白どら」という米粉を使ったグルテンフリーの生地のオリジナルデザート(500円~)も提供。

プラス300円で金棒茶がセットにできます。

金棒茶は、ハンドドリップとサイフォンの2通りの淹れ方をセレクトすることが可能。

ハンドドリップはすっきり爽やかな味わいで、サイフォンはしっかりとコクのある味わいになるのだそうです。

わたしは、サイフォンで淹れたホットの金棒茶をデザートとセットでいただくことにしました!

お茶がサイフォンで淹れられる様子も、見ることができますよ。キレイー!

深い味わいのお茶と絶品デザート!

こちらが「白どらあんバターホイップ」と金棒茶のセット。

カップや器もすごくステキでテンション上がります!

まずはサイフォンで淹れたホットの金棒茶を。

しっかり濃いめに入れられていて、ほどよい苦みがありスッキリとした飲み心地。

後味にほんのり甘みもあって、美味しい!

体にしみじみと染みわたるような味わいです。

白どらは、もちもちふわふわの生地♡

あんことホイップバターの上には、玄米あられと能登の粗塩がトッピングされていて、甘さとしょっぱさのバランスが絶妙です!

これ美味しいー!

ゆったりとした時間が流れる川沿いカフェ

美味しいお茶とデザートを味わいながら、ぼーっと川の流れをみていると、ゆったりと時間が流れるよう。

これは思わず長居したくなっちゃいますね。

子ども用のイスやおむつ替え台も完備していて、お子さんと一緒に利用もできます。

こんなオシャレなカフェに子連れで来れるのはありがたいなー!

うちの娘が大人しく座っていられるかは微妙ですけども…汗

金棒茶のティーバック商品の販売コーナーもありました。

お家でも気軽に金棒茶を楽しむことができますよ。

6パック入りで600円~。ノーマルなものの他、玄米入りや金粉入りのラインナップもあります。

金石の注目スポットの一つになりそうな、カフェ「Ten riverside(テン リバーサイド)」。

特別な時間を過ごしに、出かけてみてはいかがでしょうか?

 

「Ten riverside(テン リバーサイド)」の口コミ

「Ten riverside(テン リバーサイド)」の店舗情報

ホットペッパーグルメで予約・クーポン検索

店名Ten riverside(テン リバーサイド)
ジャンルカフェ
TEL076-213-5117
Instagramhttps://www.instagram.com/ten_riverside
住所石川県金沢市金石西1-14
営業時間10:00~17:00(L.O. 16:00)
定休日水曜日、木曜日
カード不可

※掲載情報は記事公開時点での内容です。時間の経過により実際と異なる場合がありますので、詳細は直接店舗にお問い合わせください。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!