「志な野」ヤホーで始まりヤホーで終わる片町のディープスポット

金沢には東京・大阪・名古屋といった都市部に負けないディープなお店というものがいくつかあります。

そういったお店の中でも頭一つ出ているような存在、パッキパッキに尖った存在であるお店、それが「志な野」。

合言葉は「ヤホーーー!!」の「志な野」をピックアップ!!

「志な野」=「ヤホー」

実は本日ご紹介する「志な野」という店名はあまり世に知られていません。金沢屈指のディープスポットにも関わらず、「志な野」という店名でその場を認知する人は極めて稀です。

ところがそれを「ヤホー」のお店と言い換えると、「あぁぁーーーー」となる方は少なくありません。

「志な野」=「ヤホー」

「ヤホー」は金沢で一番有名なお茶漬け食べ放題のお店です。

IMG_4904

開店時間が近くと、「ヤホー」を求めてどんどん人が集まってきます。さすが人気店です。

開店時間というのは、ここではあくまでも目安であって、多少遅れたとしても気にする必要はありません。

この日も6分程程遅れて、待ちに待った入店許可がおりました。

暖簾をくぐって、まずはご挨拶。

 

 

「ヤホー!」

 

これはマストです。「こんばんは」ではいけません。「ヤホー」と大きな声で挨拶するのです。

というのも志な野には以下のようなルールがあります。

① 会話は全てヤホー                                    ② メニューは数多く表示されているが、基本は「志な野茶漬け」のみしか注文できない

そのため「志な野」では、入店時の挨拶、注文、おかわり、お会計、退店時の挨拶、すべてが「ヤホー」となっています。

それ以外の言葉を使用する必要はないのです。

また、店内に入りますとカウンター越しにメニューがいくつも書かれていますが、基本的に「志な野茶漬け」のみしか注文できないと思っておきましょう。

座席について「ヤホー」というと、「志な野茶漬け」の準備が始まります(正確に言うと、入店した時にもうすでに作っています…笑)。

しばらくすると、お茶漬けの具を渡されます。

IMG_4908

この具がある限り、何杯でもお茶漬けをおかわりすることができます。最高記録は28杯だったそうです。お茶漬けの具の後、ご飯が渡されます。

IMG_4909

あられがのったご飯です。以前訪れた時より、気持ちご飯の盛りが多くなっていたような気がします。

そして、出汁が渡され、お茶漬けタイムの幕開けです。

久しぶり+熱々のお出汁だったため、ゆっくり話をしながら食べていたら、

「早くヤッホーして!」と店主にブチ切れられてしまいました((^◇^;)

そう!ここは戦いの場なのです。

お茶漬けの作り手と食べ手、どちらかの力が尽きるまで、作り手はひたすらお茶漬けのためのご飯を盛り続け、食べ手は、お茶漬けの具の残量を計算しながら、食べ続ける。

そんな真剣勝負の場なのです。

もちろん戦いに負けたソルジャーは、弱々しい声で「ヤホー」と声を発し、そそくさと店を後にするのであります。ま、そんなことを言っている私ですが、3杯目で敗北して店を後にしたことは秘密です。

一夜の思い出を、一週間近く語れる店ってそうありません。

志な野はまさにそういったお店の一つだと思います。

志な野 の口コミ

 

 

志な野 の店舗情報

ホットペッパーグルメで予約・クーポン検索

店名志な野
ジャンル夜食
TEL・予約076-222-0323 【予約可】
WEB
住所石川県金沢市片町1-10-10
営業時間22:30〜26:00
定休日日曜日・月曜日
カード不可

 

※掲載情報は記事公開時点での内容です。時間の経過により実際と異なる場合がありますので、詳細は直接店舗にお問い合わせください。

最新情報をチェックしよう!
>石川最大級のWEBメディアを活用してみませんか?

石川最大級のWEBメディアを活用してみませんか?

総読者数100万人を突破した金沢時間は、今後も金沢・石川県に関する情報を発信していきます。そんな金沢時間を新たな貴社のマーケティングチャネルの一つに加えてみませんか? 魅力的な広告メニューをご用意しております。

CTR IMG