【最近の旅は “暮らすように旅をする” がトレンド?】

Airbnbが変えた新しい旅のカタチ

宿泊施設を貸したい人と借りたい人のマッチングサービス・Airbnb

実際に使ったことがある人は少なくても、おそらく多くの人は名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

Airbnbはアメリカ・サンフランシスコ発のサービス。2008年にスタートして以来、現在までに192カ国、33,000都市で80万以上の宿を提供しています。

 

そんなAirbnbのモットーは「暮らすように旅をする」

 

Airbnbに掲載されている宿の多くは一般家庭。なのでゲストは、ホストに手料理を振舞ってもらったり、近所を案内してもらうことができます

その過ごしぶりはまさにローカルそのもの

以前は旅行に行くとなれば、旅行会社のツアーに参加し、日中は有名な観光地を訪れて、夜はホテルでまったり過ごすというのが普通でしたが、Airbnbはその当たり前を壊してしまいました。

 

※画像はAirbnbホームページより。

 

旅人の3人に1人が “普通ではない” 旅を求めている

しかし実際のところ、この「暮らすように過ごす旅」の需要はあるのでしょうか?

 

Booking.comが今年のはじめに行なった調査によれば、なんと全世界の旅行者の3人に1人が「ホテル以外のヴィラやカントリーハウス、一軒家での宿泊をしたいと思っている」と回答しているそうです。

 

またその理由として、「地元の人しか知らないような穴場スポットを発見することができる」「通常の旅行では訪れないような場所にまで足を運べる」などが挙げられており、このことからも、これまでとは違うスタイルの旅行スタイルが注目を浴びていることがわかります。

 

※画像はAirbnbホームページより。

 

「暮らすように旅をする」を提供する宿「旅音」

そして私たち「旅音」は、そんな「暮らすように旅をする」を提供するために、金沢で宿泊業を営んでいます。

 

私たちの宿は基本的に1棟貸しタイプ

 

だから人目を気にせず、

 

家族水入らずの時間を過ごしたり、

 

 

旧友との再会を楽しんだり、

 

 

パートナーとの大切な時間を過ごしたり、

 

 

旅先でワンちゃんとのびのび遊ぶことができます。

 

 

「旅音」は1棟貸しの宿をはじめ、ホテルゲストハウスコンドミニアムなどを計18棟運営しています。

 

どの宿でも共通してゲストの皆さまに体験してほしいのは、

 

「金沢で暮らすように旅をする」

 

ということ。

 

だから私たちがゲストにお伝えするのは自然と有名な観光地やレストランではなく、地元の人たちが遊ぶ場所私たち自身が普段から通う居酒屋になってきます。

 

もしリアルな金沢を体験したいと思うなら、ぜひ「旅音」 に足をお運びください。

 

旅音の宿はコチラからご覧になることができます。

最新情報をチェックしよう!