『 ル・ドミニク・ブシェ カナザワ』ステーキメインに掲げる新しいスタイルのフレンチ♬ 早速行ってみた!!

LE GRILL DOMINIQUE BOUCHET KANAZAWA(ル・グリル・ドミニク・ブシェ カナザワ)が、金沢の中心部香林坊アトリオ2Fにオープンしました。ミシュラン2つ星を獲得している「 ドミニク・ブシェ・トーキョー」がオープンさせたカジュアルシックレストラン。ステーキをメインに掲げる新しいスタイルのフレンチの同レストランに早速行ってみました!!

[toc]
プチ贅沢ランチとしては大満足の内容!! 

LE GRILL DOMINIQUE BOUCHET KANAZAWA(ル・グリル・ドミニク・ブシェ カナザワ)は先日オープンした石川県出身の辻口シェフプロデュースのパン屋「Mariage de farine(マリアージュ ドゥ ファリーヌ)」も入居する香林坊アトリオに店を構えています。LE GRILLはアトリオ2Fにあるのですが、アトリオ側から店内に入ることはできませんので、パン屋さんを四高記念公園側に歩いたこちらから店内に入ります。2Fまでは階段です。食事前の軽いエクササイズですね。店内はそこまで大きくなくてちょうどいい感じの規模。個室も3つほどありました。お店の規模に比べてスタッフは多いな〜という印象。ま、これはオープンしたばかりだからかもしれません。

そんなオープンしたばかりのLE GRILLのランチは現在(2017年10月時点)1コース(3,000円)のみの展開となっています。メニューが机にありますので、そちらに目を通しておきましょう。しばらくたつと、スタッフの方が苦手なものなどないかを聞きに来てくれます。ドリンクなど必要な場合も、この時にお伝えしましょう。「パートブリックで包み揚げした海老のベニエ」からランチコースはスタート。手前のソースは茴香のピュレ。写真で見る以上に、しっかりとした海老で食べ応えもありました。味付けもグッド!! これは期待感高まります。前菜は「ズワイガニとアボカドのロールサラダ」。まるで星のように煌めく黄色や緑のソースは、黄色がマンゴー、緑色がハーブ、赤がビーツ、茶色の流れ星のようなソースはバルサミコ酢で、一緒にいただきます。アボカドの中には、ズワイガニと共にマンゴーとりんごが。りんごの味が効いていてサッパリとした印象です。お魚料理は「 ホウボウのプランチャ焼き マドラスカレー風味のスープドポワソン 」ホウボウの下にはレンズ豆のソテ、ホウボウの上にはイカのソテーが。上の白いものは茴香です。ちなみに同店のパンは、1Fの「Mariage de farine(マリアージュ ドゥ ファリーヌ)」のものだそうです。ナッツが入ったパンが美味しかったのでお家に持って帰りたくなりました。パンは、フランス産の香り高いオリーブオイルと共にいただきます。

お肉料理は「ハラミのグリル ジャガイモのピュレ」。お肉後方に見えます透明の物体もジャガイモで作ったものだそうです。金沢でも珍しいという熟成肉のステーキ。これはうまい…。肉だけで十二分に楽しめる、そんな旨さでした。さすがステーキをメインに掲げるだけあります。

以上でお料理は終了。ここからはデザートです。食後のドリンクを聞かれます。ランチだとコーヒーか紅茶かと行った二者択一のお店が多いですが、カフェラテなど複数種類の中から選びます。

本日のデーザート。この日は丸々1個のりんごを使った焼きリンゴ、その上にはバニラアイス。シナモンの香りがたまりません。さらにサワークリームとりんご。

さらにさらに炙りマシュマロのサンドサブレとピンクグレープフルーツのマカロン。グレープフルーツの皮も使ったちょっと大人な味わいで、大変美味でございました。

プチ贅沢ランチの選択肢は他にいくつもあります。ただ3,000円という価格だと、魚か肉どちらか一方といった場合も多く、またホテルなどでは、これにサービス料も上乗せされます。しかしLE GRILLの場合は、3,000円+税のみです。3,000円でデザートもこれだけ充実しており、満足度は高め。

控え目に言って、オススメです!!

LE GRILL DOMINIQUE BOUCHET KANAZAWA(ル・グリル・ドミニク・ブシェ カナザワ)の口コミ

店舗情報
店名LE GRILL DOMINIQUE BOUCHET KANAZAWA(ル・グリル・ドミニク・ブシェ カナザワ)
ジャンルフレンチ, ステーキ
TEL・予約076-208-6840

WEB
住所石川県金沢市香林坊1-1
営業時間【昼】11:30 〜 14:00
【夜】17:30 〜 22:00
定休日
カード可(Visa, Master)

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!