ヤホーで始まりヤホーで終わる @志な野

大きな声でヤホーーー!!

金沢には東京・大阪・名古屋といった都市部に負けないディープなお店というものがいくつかあります。そういったお店の中でも頭一つ出ているような存在、パッキパッキに尖った存在であるお店、それが「志な野」。

「志な野」という名前を聞いて「?」となっている人もいるかもしれませんが、それを「ヤホー」のお店と言いなおすと、「あぁぁーーーー」となる方は少なくないでしょう。

「志な野」=「ヤホー」

そう、あの有名なお茶漬け食べ放題のお店です。

金沢に住んでいる方の多くはご存知かとは思いますが、あえてそんな有名店でも突撃していくのが金沢時間編集部なのです!ということで、開店時間の22時をめがけて志な野を訪れてみました。IMG_4904あれ?やってない。

お店の扉には22:30開店の張り紙が..。あ、開店時間変わっちゃったんですね。

ま、そんなことは気にしません。

お店の前で30分ほどまたせていただくことにしました。22:30が近くづくにつれ、どんどん人が集まってきます。開店時間から6分程程遅れて、待ちに待った入店許可がおりました。暖簾をくぐって、まずはご挨拶。

「ヤホー!」

[dfads params=’groups=733&limit=1‘]

志な野のマナー

志な野には以下のルールがあります。

  • 会話はすべてヤホー
  • メニューは数あれど、基本は「志な野茶漬け」のみしか注文できないと思うこと

志な野では、入店時の挨拶、注文、おかわり、お会計、退店時の挨拶、すべてが「ヤホー」となっています。

それ以外の言葉を使用する必要はありません。

また、店内に入りますとカウンター越しにメニューがいくつも書かれていますが、基本的に「志な野茶漬け」のみしか注文できないと思っておきましょう。

座席について「ヤホー」というと、「志な野茶漬け」の準備が始まります(正確に言うと、入店した時にもうすでに作っています…笑)。

しばらくすると、お茶漬けの具を渡されます。IMG_4908この具がある限り、何杯でもお茶漬けをおかわりすることができます。最高記録は28杯だったそうです。お茶漬けの具の後、ご飯が渡されます。IMG_4909あられがのったご飯です。以前訪れた時より、気持ちご飯の盛りが多くなっていたような気がします。

そして、出汁が渡され、お茶漬けタイムの幕開けです。

久しぶり+熱々のお出汁だったため、ゆっくり話をしながら食べていたら、「早くヤッホーして!」と店主様に怒られてしまいました。

そう!ここは戦いの場なのです。

最新情報をチェックしよう!
>石川最大級のWEBメディアを活用してみませんか?

石川最大級のWEBメディアを活用してみませんか?

総読者数100万人を突破した金沢時間は、今後も金沢・石川県に関する情報を発信していきます。そんな金沢時間を新たな貴社のマーケティングチャネルの一つに加えてみませんか? 魅力的な広告メニューをご用意しております。

CTR IMG