金沢時間

シャレオツグルメ横丁『 とおりゃんせ KANAZAWA FOOD LABO 」が遂にオープン !!

コンセプトは「実験」

2018年12月13日、片町に現代版屋台村「とおりゃんせ KANAZAWA FOODLABO」がいよいよオープンします!!

海老専門店や燻製バーをはじめ、イタリアンやおばんざいなど多彩な8店舗が出店する「とおりゃんせ」。

場所は片町スクランブルから徒歩数分の場所。目印はたこ焼きの「どないや」とローソン。こちらの角を左に曲がり正面に見える細長いビルの奥にあります。メッチャお洒落だし !!

「屋台」という言葉から思い浮かべる赤提灯やビール箱はなく、無機質で現代的な建物、支払いはキャッシュレス決済を採用するなど、これまでにない新たな屋台村を意識しているそうです。

「とおりゃんせ KANAZAWA FOODLABO」に入居するお店は2年間限定の入居期間となっています。入居期間が限定されるかわりに、イニシャルコストを最小限に抑えて出店できるため、出店者が新業態や新規出店を「実験」しやすい環境となっています。

この「とおりゃんせ KANAZAWA FOODLABO」にあらゆる食を集め、食のトレンドや楽しみ方を発信し、金沢の中心部を「食文化の中心地」にする“実験”に取り組んでいくそうです。

スペインのサン・セバスティアンみたいな感じですね

それでは映えある「とおりゃんせ KANAZAWA FOODLABO」第1期出店店舗をご紹介していきましょう !!

「燻し屋 らむ」(いぶしや)

アナゴやサバ、煮卵などのスモーク料理とラム酒のお店。チップの種類や調理時の温度で変わる燻製の奥深さを味わえ、ラム酒の豊富なラインナップも楽しめます。

「海老専門店 九代目 海老翔」(えびしょう)

新鮮なクルマエビをその場で日本酒に漬け込んでつくる「酔っ払い海老」が目玉。エビだけの刺身盛りや白海老のユッケなど、エビの魅力をとことん味わえます。豊富な日本酒も魅力。

「季節のおばんざい 中にし」

「身体とふところに優しいお店」がコンセプト。冬至の時期にはかぼちゃ、節分の時期にはイワシなど、日本の季節を思い出させる家庭料理を提供します。薄茶や番茶に合うおはぎも。

「Kanazawa ramen WAKA」(カナザワラーメン ワカ)

鶏ダシを使ったラーメンを提供します。生産量日本一を誇る金沢の金箔がスープに浮かんでおり、目にも鮮やかな一品です。

「旬楽」(しゅんらく)

輪島直送の干物を金沢で味わえる炉端焼き店。岩もずくや甘エビの塩辛、ホタルイカの沖漬けなど石川の珍味のほか、ノドグロでだしをとったお茶漬けはシメにぴったり。

「中国料理とシェリー酒 西華房」(さいかぼう)

餃子や炒飯などの定番メニューから、石川ならではの食材「堅豆腐」を用いた麻婆豆腐などの変わり種も。シェリー酒と中国料理のマッチングも楽しめます。

「magazzino38 fatto a mano」(マガジーノ38 ファット・ア・マーノ)

食材が命のイタリアン。金沢特産のさつまいも「五郎島金時のニョッキ」など土地の恵みを活かしたメニューを日替わりで展開します。自家製パンやチーズ、ハムはワインとの相性抜群です。

「和ビストロ 久遠」(くおん)

醤油や塩麹、抹茶など和の素材を積極的に取り入れた「金沢フレンチ」を提供します。ブリや香箱ガニなど、石川ならではの食材もふんだんに登場。盛り付けの美しさにも注目です。

ライター

金沢時間 編集部
金沢時間編集部です。

「金沢時間」は、金沢に暮らす人に向けて、町のトレンドやグルメ・イベントなど、日々の生活がちょっと楽しくなるような話題を、市民目線で発信していく地域密着型WEBマガジンです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top