金沢時間

『 麺 路地裏 』和の技術が生み出す1,000円オーバーの「麺」をいざ実食!!

あの人気ラーメン店「麺屋 大河」が新たに仕掛ける新店が5月31日にオープンしました。その名は『 麺 路地裏 』。和食の技術で作られるこだわりの「麺」をいただきに早速やってきました!! 『 麺 路地裏 』は本当に路地裏にあります。入り口にはお店のこだわりがこの通りずらりと。こちらがメニュー。全てのラーメンが1000円オーバーと、ラーメン店としてはかなり強気の値段設定。それほどの自信と価値があると店主が考えているメッセージだと受け止めました。トッピングやご飯などはこのような感じです。残ったスープにご飯を入れてお茶漬け風にしていただくこともできます。

今回は奮発して「純」真鯛しお麺 しっとりチャーシューと懐石たまご付きをオーダー。まずはお漬物。普通に美味しい。こちらが「純」真鯛しお麺。脂がのった鯛と透き通ったスープが印象的な一杯。スープはとても繊細で素材の味わいが主体となったもの。北海道産ゆめちからをはじめとした、国産の全粒粉をブレンドした麺。ほんのり優しさを感じる仕上がり。別皿で提供されたチャーシューや卵は、ラーメン中盤戦に差し掛かった頃に入れるのがオススメだそうです。

皮が少し香ばしくなっているホチャホチャなチャーシューも、動物性の素材不使用なスープを邪魔しないよう、鳥そのままの味を重視した印象です。

1,000円オーバーのラーメンはやはり珍しい存在であり、今後さらに注目を浴びることになりそうです。

麺 路地裏 の口コミ

麺 路地裏 の店舗情報

ホットペッパーグルメで予約・クーポン検索

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top