金沢時間

金沢公演決定!! あのクインシー・ジョーンズが認めたソロジャズピアニスト桑原あいを見逃すな!!

音楽界のゴッドファーザー、あのクインシー・ジョーンズが認めたソロジャズピアニスト桑原あいが金沢にやって来ます!! 

デビュー以来、ジャズの枠を完全にはみ出した独創的かつ情熱的なスーパーテクニカルなプレイでモントルージャズフェスティバルや東京ジャズなど国内外の大舞台で喝采を浴びてきた桑原あい。

2015年スイスで開催されたモントルージャズフェスティバルの会場で桑原のソロピアノを聴いたあのクインシー・ジョーンズも桑原のもとを訪れ「すばらしい、君の音楽こそジャズだ、このまま迷わずに進みなさい」と称賛したほど!!

そんな桑原あいのソロピアノライブは下記日程で開催されます。

  • 日程:7月21日(土)
  • 場所:もっきりや
  • お問い合わせ先:076-231-0096

ちなみにクインシー・ジョーンズとの出会いがきっかけで生まれた曲「the Back」は、ゆっくりと去ってゆくクインシーの背中(back)を思って、帰りの飛行機の中で一気に書き上げた曲で、コンサートで弾くとかならず涙を流す人がちらほら見られる、慈愛に満ちた美しい旋律の名曲で、今回の金沢ライブでも演奏されるそうです!!

桑原あい プロフィール

1991年生まれ。2010年、洗足学園高等学校音楽科ジャズピアノ専攻を卒業。これまでにピアノを蟻正行義、山下葉子、財満和音の各氏に師事。幼い頃から活躍し、ヤマハエレクトーンコンクール全日本大会金賞を含む入賞多数。2004年、雑誌「AERA」に天才エレクトーン少女として掲載される。中学生後半よりピアノに転向。2012年に自主制作された1stアルバム『from here to there』にボーナストラックを加え、同年11月にewe recordsからリリースし、全国デビューを果たす。翌年2013年4月にリリースした2ndアルバム『THE SIXTH SENSE』は、タワーレコードジャズチャート1位を獲得し、JAZZ JAPAN AWARD2013アルバム・オブ・ザ・イヤー:ニュー・スター部門、第26回ミュージック・ペンクラブ音楽賞ポピュラー部門<<ブライテスト・ホープ賞>>などを受賞。2013年には、サッポロシティジャズ札幌公演・東京公演、第12回東京JAZZフェスティバル(東京国際フォーラム・ホールA)など国内大型フェスティバルに出演、また初の海外ツアーとなるアメリカ西海岸4都市ツアー(サンフランシスコ/ロスアンゼルス/デンバー/アンカレッジ)を成功させる。2014年4月、3枚目のアルバム「the Window」をリリース。10月ブルーノート東京、名古屋公演を行う。2014年モントルー・ジャズ・ソロ・ピアノ・コンペティション・イン・かわさき優勝。2015年4月、4枚目にして初のカバーアルバム「Love Theme」をリリース。7月本国スイスのモントルージャズフェスティバルソロピアノコンペティション出場。12月サントリーホール・ブルーローズにてウィズ・ストリングスのコンサートを開催。2016年7月東京オペラシティリサイタルホールにてソロピアノリサイタルを開催。9月ロサンゼルス”Blue Whale”にてクインシー・ジョーンズプロダクションプレゼンツで単独ライブを成功させる。 2017年2月Steve Gadd, Will Leeをメンバーに迎えNYCにて録音した5枚目となるオリジナルアルバム「Somehow, Someday, Somewhere」をリリースし、同アルバムに収録されているオリジナル曲「the Back」がJ-WAVE「WITH」のエンディングテーマに採用される。6月に国内リリースツアー(ビルボードライブ大阪、ブルーノート東京、ブルーノート名古屋)を行う。11月にはテレビ朝日系報道番組「サタデーステーション」「サンデーステーション」のオープニングテーマを含むアルバム桑原あい×石若駿「Dear Family」をVerveからリリース。2018年4月よりJ-Wave「STEP ONE」のオープニングテーマを担当。

ライター

金沢時間 編集部
金沢時間編集部です。

「金沢時間」は、金沢に暮らす人に向けて、町のトレンドやグルメ・イベントなど、日々の生活がちょっと楽しくなるような話題を、市民目線で発信していく地域密着型WEBマガジンです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top