金沢時間

しいのき迎賓館「ジャルダン ポール・ボキューズ」で贅沢ランチ

「ジャルダン ポール・ボキューズ」。その名をご存知ない方はいらっしゃらないだろう有名店。フランス・リヨンにある「ポール・ボキューズ」本店から受け継がれるスペシャリテに加え、地元の新鮮な食材を活かして考案された「ひらまつ」の季節感あふれるフランス料理のコラボレーションを楽しむことができる同店。本日はそんな「ジャルダン ポール・ボキューズ」のちょっと贅沢なランチをピックアップ!!

金沢の伝統文化を感るインテリアにも注目!!

大正時代の面影を感じるエントランス。反対側はガラス張りの近代的な建物となっており、まさに金沢の「今」を象徴するかのような建物、それが「しいのき迎賓館」です。室内に入ると目に飛び込んでくるのが、趣のある階段。歴史を感じます。歴代の知事さんたちもこの階段をのぼったのでしょうか ?!そんな階段をのぼった2階に「ジャルダン ポール・ボキューズ」があります。雪吊りや漆器など金沢の伝統文化を感じる素材やモチーフがアクセントとなっているインテリアデザイン。その片鱗は、店内に入る前のこのウエイティングスペースからも見て取れます。

ランチは3,700円〜となっていますが、今回は一番お手頃にフルコースランチを楽しむことができる「 MENU SPECIAL (4,700円)」をオーダーします。アミューズ・ブーシュはこの季節ならではの食材ズワイガニとカリフラワーのムース。コンソメジュレと共にいただきます。続いては前菜。前菜は美食家風サラダ。中央にあるポーチドエッグには、マヨネーズの原形となったソースがかかっています。周りには、ブリオッシュという甘みを効かせた牛乳たっぷりのパンに、フォアグラのムースがのせられています。手前には、サーモンのマリネとインゲンと砂肝のサラダ、左上には有機野菜とその上に合わせられた生ハム。見た目も美しくてこれからのお料理への期待感が増します。ポール・ボキューズのあるフランス・リオンの郷土料理である「白身魚のクネル」。すり身にした白身魚をふっくらと蒸しあげたもので、アメリケールという海老の濃厚なソースをたっぷり絡めていただきます。クネルの上には、ホワイトマッシュルームとパイ、横にはキノコのモリーユ茸と海老が添えられています。この濃厚なソースは大変美味しくて、食べ終わった後は、パンで全てを残さずいただきました。メインの鴨肉。ヨーロッパから美味しい鴨を輸入しているそうです。皮目をハチミツと麹に漬け込んでから、カリッと焼き色をつけて、低温のオーブンでゆっくりと柔らかく仕上げたもの。下には甘みたっぷりのたまねぎのソテー、手前には、黒胡椒の香りをつけた赤ワインのソース。

ポール・ボキューズのあるフランス・リオンでは、鴨肉は必ずカブを合わせるそうで、それはこのお皿でも。

左側にはカブのグラッセ、右側が芽キャベツとコカブです。カリカリの皮と、しっとりとした鴨肉は絶妙で美味しいかったです。デザートは好きなものを選ぶことができます。左から、ウ・ア・ラ ネージュという浮島という意味のケーキ。カスタードクリームのようなソースの上にメレンゲを焼いたお菓子が浮かんでいます。その横はリンゴのタルト、その横はババオラムと言って、サバランという小さなドーナッツのような小さなお菓子を、ラム酒風味のシロップの中で膨らませたフランスの伝統菓子。一番右がガトーオペラ。オペラ座に見立てて、チョコレートとコーヒークリームを層にしたデザートです。その他、洋梨のコンポートや、ボキューズで有名なクリームブリュレなどを焼いてもらうこともできます。ウ・ア・ラ ネージュ。今流行りのフォトジェニック感がありますね。ガトーオペラはフルーツを添えていただきました。

味はもちろんですが、スタッフの方のきめ細やかな対応はさすがの一言です。ちょっとした贅沢ランチをお考えの方に、ぜひオススメしたいお店です。

ジャルダン・ポール・ボキューズの口コミ

店舗情報

ホットペッパーグルメで予約・クーポン検索

店名 ジャルダン ポール・ボキューズ
ジャンル フランス料理
TEL・予約 076-261-1161
WEB https://www.hiramatsurestaurant.jp/paulbocuse-jardin/
住所 石川県金沢市広坂2-1-1

営業時間 【昼】
11:30〜15:00(13:30 L.O.)
【夜】
17:30〜22:00(20:00 L.O.)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日に振替)
カード

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top