金沢時間

開けてみませんか?この扉 @海月が雲になる日

おいしいものに日々囲まれた金沢で暮らすが故に…。おいしいだけでは満たされなくなってしまった私たちへ

香林坊から徒歩で長町へ歩いて行くと見えて来たのは、明治末期の金澤町家。
初めての方は『え!?ここ!?』という印象を受け『えー!!ここ!!』となると予想されます。そう、ここが本日ご紹介する「海月が雲になる日」
是非この瞬間からこの“海月が雲になる日”をお愉しみくださいませ。
ここから敷地内に入りまっすぐに歩いていくと、素敵なお庭が見えてきます。その場所から左方向に視線を向けると、お待たせしました。こちらの不思議な扉を押します。
この“海月が雲になる日”訪問のメインイベントとも言っても過言ではない!?このアクションも楽しみのひとつとなります。(ちなみに、食事を堪能して店内からこのドアを押して外へ出る時も同様に楽しいと予想されます。)

ここはタイ料理レストランなのか ?!

入るとそこは東南アジア諸国・インド・中国など 様々な国の料理から影響を受けたタイ料理を頂ける空間です。その多様な調理法で旬の食材の持ち味を引き出し日本ならではの四季を現しているそうです。

完全予約制

以前のメニューや独自のミステリアスな!?ルールは変更されて、現在ディナーは前日までのご予約で2名~、3850円・5500円・7700円(全て税込・サービス料込)のコース料理となっています。

心惹かれる器たち

そして運ばれてきた料理以外にも見とれてしまうもの、器です。同じ敷地内にある陶芸工房で作られているという素敵すぎる器や鶴の絵が施された椀蓋にも見とれてしまいます。
お店の方がお料理についての丁寧な説明をして下さいます。

タイ料理をベースとした、ここでしか味わえないというお料理の数々です。

ブランチは特製バインミーを!

11時30分からは正面入り口・縁側のお席で頂けるお庭を眺めながらの限定20食のサンドイッチブランチもされているそうですよ。

最後のお楽しみのこのドアを
店内から開けて
実世界に戻り、帰路に着きます。

おいしいものに囲まれた金沢で暮らすが故に
おいしいだけでは、満たされなくなってしまったら、是非開けてみてくださいね、
この扉。

海月が雲になる日の口コミ

店舗情報

ホットペッパーグルメで予約・クーポン検索

店名 海月が雲になる日
ジャンル タイ料理
TEL・予約 076-231-4674
WEB http://www.longstreet.jp/pg24.html
住所 石川県金沢市長町2-6-5
営業時間 [水~日]
DINNER 18:00 – L.O. 22:00
定休日 月・火曜日
カード 不可

ライター

@makko
金沢在住☆
週末はどこに行こうか!?と妄想しながら過ごすのが日課です。
気になることは、最近の流行、おいしい情報、そして次回のブラタモリです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top