金沢時間

金沢、予約の取りにくい名店をゆく @ 味楽 ゆめり 

味楽 ゆめり

7月だから
七夕の風情たっぷりの涼しげな暖簾の向こう側そう、ここは、
奥能登出身の店主のすてきなお店。味楽 ゆめり

ほぼ毎朝、奥能登宇出津港から直送される新鮮な魚を、金沢駅からアクセスのよいこの場所で、能登の旬をいただけるお店です。そんなお料理に合う日本酒をカウンター越しに気さくな店主に尋ねます。まずは店主おすすめの(特別にわけてもらっているという)「 竹葉 能登純米酒 生 」をこの片口とお猪口でいただきます。
平日のまだ18時をほんの少し過ぎたところ。
純米酒生を素敵な片口とお猪口で堪能している間にも気が付けばカウンターの9席はあっという間に
うまっている。

視線をおしながきに戻すと能登地鶏や能登豚、加賀野菜など地元産の食材を多く使用した旬の創作料理の数々。どれから注文しようかと考えながら目に入ってきたのは、板場で店主に今まさにさばかれようとしている見るからに新鮮な魚。

まずは、本日のおすすめからほとんどの方が注文されるのは、いわずもがなこちら「 お刺身の盛り合わせ 」今日は、甘エビ、鯨、なめら、カンパチ、バイガイ、鯵たたき、太刀魚、生たこ。

とても気さくで板場をほぼ一人で仕切るお若い店主。
手早く、手際のよさに目をうばわれます

 能登の地酒を堪能しつつ、皮はぎ肝あえをいただきます。続いて、せっかくなので店主が『ゆめり名物にしたい』と言う「 能登豚あっさり角煮の梅葱のせ 」をいただきます。つぎは・・・
名物 加賀れんこんをすりおろしソースにしたれんこんグラタンを!と
さがすも・・・残念ですが、小麦をつかわないグラタンは今日はお預けです。
 
視覚から
味覚から
雰囲気から
心まですっかり満たされたわけですが

デザートです
能登のジェラートと言えば!!!の
マルガージェラート。
誰かに教えたい。
でもやっぱり教えたくない。

とはいいつつも
地元民、出張のサラリーマン、県外、海外からの観光客のみなさまにもすっかり人気になってしまった予約の取りにくい名店「 味楽 ゆめり 」。

予定が確定したら迷わず予約で是非すてきなひと時をお過ごしくださいませ☆

店舗情報

店名 味楽 ゆめり
ジャンル 居酒屋、割烹・小料理、魚介料理・海鮮料理
TEL・予約 076-255-3999
WEB
住所 石川県金沢市本町1-3-33
営業時間 18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 日曜
(日曜を含む連休の場合は日曜営業、最終日のみ休業)
カード 不可

 

ライター

@makko
金沢在住☆
週末はどこに行こうか!?と妄想しながら過ごすのが日課です。
気になることは、最近の流行、おいしい情報、そして次回のブラタモリです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top