金沢時間

このアートはどこにあるでしょう?

金沢市の街なかや公園には様々なアートが置かれていて、私たちの目を楽しませています。これらは、金沢市がアートに親しみ、潤いと安らぎのある都市空間を創出するために、パブリックアートとして設置しています。身近にアートを感じる場所がたくさんあるなんて素敵ですね。今回はその中から私が好きなものを5つ紹介します。さて、それぞれどこにあるでしょうか?

第1問)「走れ!」

(出典:https://matcha-jp.com/jp/1869

金沢の繁華街「香林坊」にある「走れ!」という作品です。

タイトル通り躍動感に溢れ、今にも駆け出していきそうな感じです。背景がグリーンなところも素敵!彫刻と自然が上手く調和している印象です。「金沢・まちなか彫刻作品・国際コンペティション2004」最優秀賞。

第2問)「WISDOM」

金沢市役所。駐輪場の近くにドーンと建っています。パッと見、恐いです。よくよく見ても…やっぱりこわい。だけど気になって、市役所を通るたびにチラッと見てしまう不思議な魅力を持っています。「WISDOM」はポーランド在住のアシュラフ・ガファーさんの作品で、「金沢・まちなか彫刻作品国際コンペティション2006」の優秀賞を受賞しています。

 

第3問)「やかん体・転倒する」

やかん。どう見てもやかん。存在感ありますね。

【広告】



デブ菌を減らして痩せ菌を増やす【プレミアムスリムビオ】

「いまどこー?」「やかん!」そんな会話が繰り広げられることもあるかもしれません。蓋と本体の2つのパーツからなる2mほどのこのオブジェは、金沢駅東広場バスターミナル内緑地に設置されています。やかんという日常生活品の中にアート性を秘めたぬくもりのある作品です。「金沢・まちなか彫刻作品・国際コンペティション2006」の最優秀作品です。

第4問)「FU ‾GA」

真っ黒で触るとヒヤッとします。なのにどこかぬくもりがあり、おはじきみたいな形が可愛らしい。「金沢・まちなか彫刻作品・国際コンペティション2004」の優秀作品「FU ‾GA」(阿部守 作)です。安江町緑地にあり、観光客の方もここで時々ポーズをとっているのを見かけます。個人的にドット柄が好きなので、ついつい目が行ってしまう作品です。

ライター

yuri
福岡県出身、金沢市在住。コンタクトレンズに異様な関心を示し、1デイ、カラコンなど10種類以上使用するため、ついに眼科から新商品のお知らせを受けるようになった。使いきれずに期限切れとなってしまうのが悩みだがいまだ解決策なし。
県外出身者からみた金沢の魅力をご紹介します!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top