金沢時間

東京で、金沢みーつけたっ! ―加賀前田藩の中屋敷と下屋敷と、それに関係するはなし―

加賀藩下屋敷之現況(平成4年撮影)(出典:http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/013/images/img_13066_2_2.jpg.html

江戸時代、江戸の町には参勤交代で訪れる全国の大名のお屋敷が、いたるところにありました。

当時の江戸の町は世界一の百万都市だったと言われていますが、なんと町の7割が全国の大名のお屋敷の土地で、残りの3割に江戸庶民がひしめきあって暮らしていたそうです。

東京の庶民は、今も昔も狭い家に住んでいたのですね…。

加賀前田藩も、現在の文京区本郷に10万4千坪の広さの上屋敷、文京区駒込に2万坪の中屋敷、板橋区に22万坪の下屋敷、江東区深川に2600坪の蔵屋敷を所有していました。

板橋区にあった22万坪の下屋敷の広さは、なんと兼六園の約7倍、東京ドームの約15倍の広さがあったそうですよ。(トップ写真を参照してくださいね)

上屋敷には藩主やその家族、中屋敷には隠居した藩主などが暮らし、下屋敷は別荘などに使われたそうです。

【広告】



オリーブオイル1リットルを使用した石鹸。まるで美容液のような石鹸

文京区本郷の上屋敷があった場所は、現在東大になっていますが、文京区駒込の中屋敷のあった場所は、明治以降、隣接する六義園と共に三菱財閥の岩崎家の所有になり、大正時代に日本初の邸宅街、大和郷(やまとむら)になりました。

※ 六義園(りくぎえん)…文京区本駒込6丁目。5代将軍・徳川綱吉の時代の老中・柳沢吉保の庭園。現在は都立庭園。(出典:http://komekami.sakura.ne.jp/archives/791/pb220482

田園調布や成城などが高級住宅地だというのはごく最近の話で、名家の一族などが代々暮らす本当の東京の高級住宅地は、実はこの大和郷のような、皇居からほど近い大名屋敷の跡に出来た町なんだそうです。

大和郷は今も邸宅街の街並みをとどめていますが、大正時代から三菱グループの重役や政治家、官僚、実業家、学者などが多く暮しているそうですよ。

加賀藩下屋敷絵図(出典:http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/013/images/img_13066_2_1.jpg.html )

一方、加賀前田藩下屋敷があったのは、中山道の板橋宿のすぐ近く、現在の東京都板橋区の加賀1丁目、2丁目、板橋3丁目、4丁目辺りになります。

トップに写真を乗せましたが、現在は普通の住宅地や加賀公園、帝京大学になっています。

現在も残る加賀藩下屋敷の痕跡は、加賀公園に残っている築山と、板橋3丁目にある観明寺というお寺にある、加賀藩下屋敷で使用されていた通用門くらいなんだそうです。 観明寺に残る加賀藩下屋敷の通用門(出典:http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/013/013360.html

この板橋にあった加賀前田藩下屋敷のことを、幕末に招かれた会津藩主・松平容保公らが「まるで桃源郷のようだ」と言ったといいますから、現在、ほとんど痕跡が残っていないというのはちょっと残念ですね。

ところでこの加賀藩下屋敷のあった板橋の町には、今も東光寺というお寺があります。ここには宇喜多秀家の供養塔があります。

東光寺(出典:http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/015/images/img_15909_1_1.jpg.html

※私も実際いきましたが、いきなり一般の人が立ち入ってお参りできないのでご注意。

宇喜多秀家は現在の岡山県、備中東部・備前・美作57万4千石を領した大名で、五大老のひとりでもあった有力大名でした。

秀家は、加賀前田藩の初代・前田利家公の娘の豪姫の旦那様で、豪姫との夫婦仲も大変よかったそうです。

次ページへ続く

ライター

りん
子供の頃、金沢に住んでいました。今は東京に住んでいますが、金沢は世界一の街だと思っています。
金沢に住んでいたらやりたいな、と思っていることや、東京で見つけた金沢の魅力を発信していきたいと思っています。
趣味は読書、映画、まち歩き、カフェ巡り、史跡巡り、山歩き、旅、などです。目黒の会社でライターの仕事をしています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)