金沢時間

ハレの日に!食べる芸術@MAKINO

香林坊を抜け犀川沿いを歩けば、繁華街の喧騒から無縁の穏やかな街並みが広がります。その一角にひっそりとお店を構えるのが、フランス料理MAKINO。お料理がとても繊細で芸術的、わざわざ新幹線で来るお客さんもいるほどだと聞き、今回初めて伺いました。ランチ6,200円(+サービス料10%)とゴージャスなお値段ですが、時には背伸びをして上質なものに触れるのも大切です。いざ、ドアオープン!オーナーシェフの牧野浩史氏は、フランス本土や東京で修行を積まれた、若手の実力派です。2013年に移転し、片町の犀川沿いに店を構えたそう。店内は12席とこじんまりしており、白い壁と白いテーブルクロスがエレガント。壁と床のシックな色合いに生花が彩りを加えます。写真を撮っていいか聞くと、まだ他のお客さんがいないのでお好きにどうぞと快諾してもらいました。ありがとうございます。メニューは日によって変わるそうですが、驚くのはその品数!今回は一例をご紹介します。

〇アミューズその美しい彩りに思わず歓声があがります。季節感たっぷりのアミューズ。一口サイズですが、一口で食べるのがもったいない!繊細で上品な味わいです。

〇「マキノ」のスペシャリテ。濃厚な人参のムースは自然の甘味があり、そこにほんのり甘いウニ。それを一つにまとめる透き通ったコンソメジュレ。この一皿だけでも満足してしまいます。これはすべてのコースに出されるMAKINOの定番メニューで、シェフが東京の修業時代に学んだ一品。口に入れた瞬間に旨みが広がり、幸せな気分になります。

その他、お皿やフォークなどのしつらえも素敵。バターとお塩をのせたお皿は、珠洲の作家さんによるものとのことでした。知識豊富なスタッフさんとの会話も楽しみながら、食が進みます。

地元の食材を中心に据え、旬を活かした料理の数々。大切な仲間との語らいに、あるいは記念日などのハレの日に、訪れてみてはいかがでしょうか。喧騒から離れた川沿いの一角の、重厚な扉のその先に、至福の時間が待っています。

店名

フランス料理 MAKINO

TEL

076-208-3318

住所

石川県金沢市片町2-31-18

WEB

http://www.french-makino.jp/ 

営業時間

11:30~14:30(L.O. 12:30)、18:00~19:30(L.O.19:30)

定休日

水曜 ※ランチ 水曜、木曜休み

ライター

yuri
福岡県出身、金沢市在住。コンタクトレンズに異様な関心を示し、1デイ、カラコンなど10種類以上使用するため、ついに眼科から新商品のお知らせを受けるようになった。使いきれずに期限切れとなってしまうのが悩みだがいまだ解決策なし。
県外出身者からみた金沢の魅力をご紹介します!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top