金沢時間

金沢の香りを贈ろう!手紙に添えたい「金沢文香」

これだけSNSやメールが発展した今でも、手紙でしか贈れないものがあります。そのひとつが、香りです。歴史は平安時代に遡り、手紙に梅の花などを添えて送っていたのが始まりとされています。恋文でしか相手を知るすべが無かった時代、香りは恋を左右する重要なアイテムだったことでしょう。その後、お香を手紙に焚き染めて送るようになり、今の「文香(ふみこう)」という形になったと言われています。

私はお香に対してなんとなく古いイメージがあったのですが、最近それが払しょくされる美しい文香に出逢いました。アートの街・金沢が作ると、文香はこうなる!それがこちら、金沢文香。優美なカラーと天然のアロマオイルが素敵な文香です。(画像出典:http://wordrobe.biz/

こちらはオンライン販売の他、金沢市内ではインテリア家具の「L’INTERNO BY YAMAGISHI」でも取り扱いがあります。香りは柑橘系の澄み渡る爽やかさにサンダルウッド(白檀)がアクセントの透明感のある優美で上品な香り。創香師が金沢の詩情豊かな風景描写を再現したそうです。(画像出典:http://wordrobe.biz/

水引作りに携わった塚谷さんにお話を聞くと、色遣いを極めるため東京で色彩を学びに行き、箱に収めた時バランスよく見える配色にしたとのこと。色によっては膨張して見えるものがあったり、紐の大きさが微妙に小さいものもあったりする中で、大きさを揃えて美しく収めるのには大変だったそうです。作り手の苦労がうかがえますね。瞬時に情報がやり取りできる現代だからこそ、手間をかけて手紙に想いをしたためる。贈られた相手は、封を切る時の高揚感を味わうことができるでしょう。そして、その瞬間をより印象深いものにするのが、ふわっと立ちのぼる上質な香り。「この香りに会いに、金沢にお越しください。」そんな思いを込めて、大切な人に文香を贈ってみてはいかがでしょうか。ときには言葉よりもずっと雄弁に、気持ちを伝えてくれるかもしれません。

詳細はこちら!

商品名

金沢文香

WEB

http://wordrobe.biz/store/products/detail.php?product_id=14

 

ライター

yuri
福岡県出身、金沢市在住。コンタクトレンズに異様な関心を示し、1デイ、カラコンなど10種類以上使用するため、ついに眼科から新商品のお知らせを受けるようになった。使いきれずに期限切れとなってしまうのが悩みだがいまだ解決策なし。
県外出身者からみた金沢の魅力をご紹介します!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top