金沢時間

ココロ、ゆるむ、カフェ@Ally caffe

人と人が語り合う。密かに、時に開放的に。『ティファニーで朝食を』や『かもめ食堂』など、映画ではコーヒーが印象的な名場面が多数あります。なにも映画だけじゃなく、私たちの人生の大事なシーンにも、コーヒーが度々登場します。それは、コーヒーが単なる飲み物ではなく、時間を緩め、濃密にし、人と人の関係を紡ぐ道具だからでしょう。そんなコーヒーの魅力に取りつかれてか、金沢はコーヒー消費額全国一。市内には多くのコーヒーショップがあるので、私もその優雅な時間と香りを求めて、時々お店に足を運びます。今回訪れたのは自家焙煎珈琲Ally Caffe(アリーカフェ)。店内のドアを開けると、コーヒーの芳醇な香りが店内に漂います。入ってすぐに目につくのは、外国製の大きな焙煎機。「すごい焙煎機!高そう…」と、思わず言葉を発した私に、店主の有延さんは微笑みます。

「はは、決して安くないですよ。うちの心臓部分ですからね。焙煎機によって豆の味は大きく変わるんです。」

そう言って、愛おしそうに焙煎機を見つめていました。有延さんは30年近くコーヒー業界に携わっており、カフェの他に北國新聞文化センターの講師やえふえむ・エヌ・ワンのラジオMC経験もあるとのこと。知識豊富でありながらも気さくな彼の人柄に惹かれて、店内は常連さんがひっきりなしに訪れてはコーヒー話を楽しんでいました。店内には小さなカフェスペースもあるので、プロに入れてもらう一杯を味わうことができます。豆のおすすめを聞くと、一番人気は「アリークオリティブレンド」(580円/100g)とのこと。これはアリーカフェ12周年改装を機にリニューアルした看板ブレンドです。カカオ、ベルガモットを思わせる風味と甘みで、芳醇な香りとバランスの取れた味わいに仕上がっています。もう一つの人気、バレンタイン限定の「環(めぐる)ブレンド ハッピーバレンタイン」は、ローストナッツを思わせる風味としっかりとした質感、甘みを伴う後味で、チョコレートに合わせて楽しめるよう工夫されています。店内にある木製の大きなテーブルでは、色んな豆のテイスティングもできます。

コーヒーに詳しくない人でも大丈夫!私もその一人ですが、「酸味が少ないほうが好き」とか、「ミルクと合わせたい」とか、ざっくり好みを伝えれば、自分に合う豆を紹介してくれますよ。

詳細はこちら!

店名

自家焙煎珈琲Ally caffe

TEL

076-268-7577

住所

〒920-0342 石川県金沢市畝田西3-583

WEB

http://ally-caffe.ocnk.net/

営業時間

09:00〜20:00 (月曜定休)

ライター

yuri
福岡県出身、金沢市在住。コンタクトレンズに異様な関心を示し、1デイ、カラコンなど10種類以上使用するため、ついに眼科から新商品のお知らせを受けるようになった。使いきれずに期限切れとなってしまうのが悩みだがいまだ解決策なし。
県外出身者からみた金沢の魅力をご紹介します!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top