金沢時間

心地の良い静寂に触れる。めくるめく禅の世界へようこそ。

スティーブ・ジョブズが禅を学んでいたことから、海外で密かなブームになった「禅」。昨今は禅のエッセンスを取り入れたビジネスマンも増えています。でも禅って哲学的で難しそう。少なくとも、禅が話題にのぼることのなかった私には遠い世界の話でした。それが最近、少し身近に感じます。それは通っているヨガで、座禅を組んで瞑想をするクラスができたから。最初は雑念ばかり浮かんだ瞑想も慣れると時折「無」になる瞬間があり、終わると脳がすっきりします。頭が掃除されたような感覚…これは、ひょっとして面白いのかも!こうして禅について興味を持ち、今回初めて鈴木大拙館に行きました。世界的な仏教哲学者・鈴木大拙の生涯とその思想についてレポートします!鈴木大拙館の館内は「展示空間」「学習空間」「思考空間」という3つの空間で構成されています。奧の光にいざなわれ、いざ館内へ。「展示空間」で鈴木大拙直筆の書とその解説を学びます。いくつか言葉が並んでいる中でも私が印象に残った言葉は、「妙」という単語。きっと人によって刺さる言葉も違うのでしょう。

「学習空間」では、禅にまつわる日本語・英語の書物がずらり。難しそうな分厚い本だけでなく、i Padや雑誌も揃ってあります。間接照明と贅沢な余白、そして鈴木大拙の書。禅の世界に触れながらのんびり30分ほど読書しました。入館料300円ですが、この部屋で読書できるだけでも元が取れます。

そして庭に出ると、目をひくのは真っ白な建築物。メインの「水鏡の庭」です。機能性、装飾性を排除した禅の建築物。余白や見えない部分に何をくみ取るか、人によって感じ方が違うことでしょう。晴れた日は晴れを、雨の日は雨を、ただ映し出す水鏡。時折描かれる波紋も美しく、しばらく眺めて過ごしました。

ちなみに、入館せずとも散策路へ進めば、名物の「水鏡の庭」が無料で楽しめます。お散歩がてらにどうぞ。詳細はこちら!

住所

金沢市本田町3丁目4番20号

HP

http://www.kanazawa-museum.jp/daisetz/

TEL

076-221-8011

 

ライター

yuri
福岡県出身、金沢市在住。コンタクトレンズに異様な関心を示し、1デイ、カラコンなど10種類以上使用するため、ついに眼科から新商品のお知らせを受けるようになった。使いきれずに期限切れとなってしまうのが悩みだがいまだ解決策なし。
県外出身者からみた金沢の魅力をご紹介します!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top