金沢時間

クリスマスを待ちながら毎日少しずつ楽しもう!「シュトーレン」のおいしい食べ方

シュトーレンは、パンをベースにしたドイツ発祥のお菓子で、砂糖をたっぷり使った生地に、洋酒で漬け込んだドライフルーツやナッツを練りこんで焼いたものです。日を追うごとに熟成して味が変化するので、ドイツでは毎日少しずつスライスして食べながら、楽しみにクリスマスを待つ習慣があります。%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3私が人生で初めてシュトーレンを知ったのは5年前、オシャレなお友達が食べていたのを真似して買ってみたのですが、残念ながらその時はおいしくありませんでした。なんだか…くどい。甘い。重い。それもそのはず、何も知らない私は、パン感覚でぱくぱく食べてしまったからです。以来疎遠になっていたのですが、ある時薄くスライスすると知ってからは、美味しく頂いています。余談ですが、当初は「シュトーレン」とのばして紹介するお店が多かったのこちらのお菓子、最近では「シュトレン」派も多く見受けられます。確かに本場ドイツではのばさずに「シュトレン(Stollen)」と発音するのが一般的。でも「シュトレン」だと日本では「シュ」にアクセントが来てしまうから、あえて「シュトーレン」と呼ぶのかも知れません。今後「シュトーレン」と「シュトレン」どちらが市民権を得るのか、密かに気になっています。

さて、今年頂くのは、大丸堂さんのシュトーレン(大1,900円/小1,300円)img_003615303996_1154492694658727_1067788891_o店員さんにおすすめの食べ方を聞いてみました。

「大丸堂のシュトーレンは甘さ控えめなので、ワインなどにもよく合います!クリームチーズをのせても美味しいですよ」

クリームチーズ!確かに合いそう!さっそくのせてみましょう。shutoren

ざくざくしたナッツの触感、ドライフルーツの甘味に、クリームチーズがまろやかさをプラスし、とても味わい深くなります。確かにワインが合いそう!スライスした箇所によってドライフルーツも変わるので、一口食べるごとに違った味わいになるのも面白い。これから熟成していく過程も楽しみです。大丸堂さんのパンは自家製天然酵母を使用し、できるだけシンプルで身体に良いものを心がけているとのこと。クリスマスを待ちながら、シュトーレンとワインで語らう夜。ちょっとオトナなクリスマスを、ぜひお試しあれ!

詳細はこちら!

店名

寺町大丸堂

TEL

076-244-3461

WEB

http://teramachidaimarudo.com/ 

住所

石川県金沢市寺町4-4-8

営業時間

11:30~16:30

定休日

毎週日曜・月曜

ライター

yuri
福岡県出身、金沢市在住。コンタクトレンズに異様な関心を示し、1デイ、カラコンなど10種類以上使用するため、ついに眼科から新商品のお知らせを受けるようになった。使いきれずに期限切れとなってしまうのが悩みだがいまだ解決策なし。
県外出身者からみた金沢の魅力をご紹介します!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top