金沢時間

分かるかな?金沢方言クイズ!

金沢の方言は関西と近いのかと思えば東北とも共通する点があり、とても興味深い方言です。今回はそんな金沢ことばの中から、難しそうなものを3つクイズにしてみました。あなたは全部わかりますか?

第1問)「蛙」のことを金沢ことばで何と呼んでいた? (選択肢:がっと/ぎゃる/ぎゃっと/ぎゃわず)

illust36

答:ぎゃわず

共通語「かえる」の普及で今では使われなくなりましたが、「ぎゃわず」とは「かわず」が変化したものと考えられます。「ぎゃっと」「がっと」は能登地方で、「ぎゃる」小松市山間部や福井県嶺北地区での方言です。かえるやおたまじゃくしなど、身近な生き物は方言も多様。あなたの地域ではどうですか?

 第2問)金沢ことばで「むけんぱち」とは体のどこを示す? (選択肢:あご/ほほ/つむじ/ひたい)gravure_228_mikarika答:あご

「むけんぱち」の「むけん」は「みけん」が変化した呼び方です。つまり「むけんぱち」は「みけん鉢」、あごの中央の鉢のような場所だそうです。これは『金沢検定2014予想問題集』に出ていた単語なので紹介しましたが、実際に使っている人を見たことはありません。もう使われない言葉なのでしょうか。

第3問)金沢では、小学校や中学校の通学地域のことをコーカと言っていたが、最近では(  )と呼ぶ学校が増えてきた。(選択肢:コーク/レンク/ケッシャ/ガック)

gakko答:コーク

私の出身校(福岡)では「校区」と呼ばれていましたが、通学地域を意味する単語は地域によって違うそうです。「学区」は東日本を中心とした広い範囲、「校区」は西日本、そして「校下」が北海道の一部と北陸で用いられています。しかし「校下」は北陸以外の転入者からは保護者や児童・生徒が「学校の下」にあるような印象を受け不評だったことで、市内では最近コーク「校区」と言い換える学校が増えているそうです。ちなみにNHKでは「学区」が使われています。

(参照:https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/term/050.html

 以上、金沢方言クイズでした!

ライター

yuri
福岡県出身、金沢市在住。コンタクトレンズに異様な関心を示し、1デイ、カラコンなど10種類以上使用するため、ついに眼科から新商品のお知らせを受けるようになった。使いきれずに期限切れとなってしまうのが悩みだがいまだ解決策なし。
県外出身者からみた金沢の魅力をご紹介します!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By とっくりん。

    (笑)うける
    金沢に人生の半分以上いるのに
    カエルを『ギャット』と即答し
    生まれながらの能登人だと
    改めて思いました。(*´з`)
    出身は隠せんね~
    戸板校下のおじさんでした。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top