金沢時間

21世紀美術館の現代アート、いくらでしょう?

ミシュランの旅行ガイドで二つ星を獲得し、訪れたい美術館ランキングでも常に上位の金沢21世紀美術館。現代アートが数多く展示され、世界的にも評価を受けています。そうなると気になるのがそのお値段。現代アートって見当もつきませんが、皆さんはどうですか?今回は人気の2作品の価格をご紹介します。

「カラー・アクティビティ・ハウス」

img_4299白い美術館の建物とのコントラストがとても鮮やか。うずまきのような作品は、見る場所や太陽の光によって無限に色が変わります。ただ見るだけじゃなくて、実際に作品の中を歩いて、体全体で作品を味わえるのが面白いですね。夜には白色灯によるライトアップもなされていて、また違った印象を与えます。この作品の作家、エリアソンは、光、水、風、温度といった、自然界に存在する基本的な要素を駆使し、自然現象を人々に体験させる作品を多く手掛けています。%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%b3(出展:http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=45&d=460

さて、2010年に誕生したこちらの作品にいくらかかかったのか。答えは9,999円…おっと間違えた、9,999万円です!金沢21世紀美術館の作品収集予算の目安は年1億円とのことなので、ほぼ1年分の予算をこの作品に投じたということですね。す、すごい!作品に対する美術館の気合がうかがえます。

続いて、もう一つ人気の作品

「スイミング・プール」

pool(出典:金沢市)

「え、これどうなっているの?」と思わず近寄りたくなるだまし絵のような作品で、いつも色んな人が覗き込んでいます。こちらの作品、お値段は5,565万円です。作者のレアンドロ・エルヒッチはこういった体感型アートが多く、日常的な思い込みや常識を覆すような驚きを提供しています。

こうした世界的作家、建築家の作品を身近に体験できる21世紀美術館、金沢に住んで良かったと思うポイントの一つです。

詳細はこちら!

金沢21世紀美術館 https://www.kanazawa21.jp/

920-8509 石川県金沢市広坂1丁目21

TEL076-220-2800

※参考文献:『金沢なにコレ100話』(北國新聞社)

ライター

yuri
福岡県出身、金沢市在住。コンタクトレンズに異様な関心を示し、1デイ、カラコンなど10種類以上使用するため、ついに眼科から新商品のお知らせを受けるようになった。使いきれずに期限切れとなってしまうのが悩みだがいまだ解決策なし。
県外出身者からみた金沢の魅力をご紹介します!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top