金沢時間

え、漫画も読める?駅チカの超穴場図書館

金沢駅近くに図書館があるのをご存知ですか。金沢駅から歩いて5分、リファーレの3階に、国際情報ライブラリーという図書館があります。国際情報という名の通り、日本語だけでなく外国語の書物も揃っているこちらの図書館、「外国語の本なんて読まないよ」なんて声が聞こえてきそうですが、大丈夫!実は漫画も置いてあるんです。日本語の漫画では『ダーリンは外国人』、『北欧女子が見つけた日本の不思議』。そして英語の漫画は『はだしのゲン』がずらり。そしてなんと、私の大好きな『のだめカンタービレ』まで!わぁ素敵!せっかくなので借りてみました。nodame

ドラマ、映画、韓国ドラマにもなった『のだめカンタービレ』、ご存知の方も多いかと思いますが、ストーリーを簡単に紹介すると、音楽学校を舞台とした大学生の成長と恋の物語です。クラシック音楽の描写も多く、読めば自然と知識も増えるので、「ブラームスの交響曲第一番ってさ」なんて教養がある人風の発言ができちゃいますよ!日本語と英語でどう表現されているのか、今日は2つご紹介します。

例えば、「羽を伸ばしましょうという」このセリフ。

hane英語では、「Let’s go kick up our heels」と書かれています。

%e3%81%af%e3%81%ad%e8%8b%b1%e8%aa%9e

調べてみると、「kick up one’s heels=「陽気に騒ぐ/はしゃぎ回る」という意味でした。ちなみに「先輩」はそのまま「sempai」と表現されています。「sempai」とか「sensei」とか、やたら学校関連の単語を知っている外国人がいたら、きっとその人は日本の漫画を読んでいるのでしょう。 

また、「次は君の番だよ」というこちらのシーン。日本語では、「次はくろきんだな」。

%e3%81%a4%e3%81%8e%e3%81%af

英語では、「It’s your turn next

%e3%81%a4%e3%81%8e%e3%81%af%e8%8b%b1%e8%aa%9e

 なるほど、順番が回るという意味で「turn」と表現するんですね。こんな風に、日本語と比べながら読むと面白さは倍増します。今年の秋は読書三昧という方、英語の漫画に挑戦するのも面白いかも知れませんよ!

国際情報ライブラリーの情報はこちら。

920-0853 金沢市本町1-5-3 リファーレ3

公益財団法人石川県国際交流協会 国際情報ライブラリー
TEL:076-262-5932
 FAX:076-222-5932

http://www.ifie.or.jp/japan/residents/library/libra_home.html

ライター

yuri
福岡県出身、金沢市在住。コンタクトレンズに異様な関心を示し、1デイ、カラコンなど10種類以上使用するため、ついに眼科から新商品のお知らせを受けるようになった。使いきれずに期限切れとなってしまうのが悩みだがいまだ解決策なし。
県外出身者からみた金沢の魅力をご紹介します!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top